タイムトラベル6江戸城外堀を巡る旅②を開催いたしました☆

平成30年6月3日(日)、タイムトラベル6江戸城外堀を巡る旅②を開催致しました。



タイムトラベルは、芝の語り部の皆さんの協賛による史跡巡りのウォーキングです。



 



今回は銀座線虎ノ門駅から汐留方面へ歩きます。



まずは文科省に保存されている江戸城外堀の石垣についてご説明を頂き、準備運動を済ませて出発しました。



 




虎ノ門駅(文科省側)から桜田通りと日比谷通りを跨ぎ内幸町方面へ向かうのですが、大通りから一本入ったところにお酒の資料館がありました。




よく軒下に蜂の巣が飾られていることがありますが、子孫繁栄のゲン担ぎであったり、ヨモギや菖蒲であれば解毒作用があることから厄除けとされていたりします。



この酒林(杉玉)は酒屋さんである目印になります。お酒の神様を祭る神社の神木が杉であることから、風習として酒屋さんの軒下に飾られているそうです。都会の中でも情緒を感じられる景観です。



 



 



今日のコースは土橋や難波橋新橋など、川のない土地で橋を冠した地名があることに疑問をもっていたのですが、昔は実際に川があったそうです。意識していなかったのですが、今日は川の上を歩いていたのです。タイムトラベルシリーズは、歩いているだけでは知ることができない知識を学べるので楽しいです。



 



皆様、日差しの強い中最後までご参加頂き、有難うございました。



又、御協力下さいました芝の語り部の皆様、貴重なお話をお聞かせいただき有難うございました。



 



新たな発見に沢山出会うことができた素敵な時間でした。



次回は、7月1日(日)タイムトラベル6~江戸城外堀を巡る旅③を開催致します!



 



虎ノ門いきいきプラザでは皆様のお越しを職員一同、心よりお待ち致しております☆




◆開催日時:平成30年6月3日(日)9:20-11:50



◆開催場所:虎ノ門~浜離宮



◆協賛  :芝の語り部



◆記事作成:倉井



◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com