「芝の語り部と歩く!古川をたどる旅」を開催いたしました♪


去る5月8日(日)、三田いきいきプラザ・芝の語り部による「芝の語り部と歩く!古川をたどる旅」
を開催いたしました!


今回のテーマは区内を流れる古川、その古川がどのような経路で港区まで
流れ着くのか起源を辿り歩きます。
今回は港区を飛び出し新宿区に所在する新宿御苑をスタート地点とし、
国立競技場近くにあります鳩森神社をゴールに歩きました!


開催日が連休最終日、そして前日の天気とは違い晴れ予報であったためスタート地点の新宿御苑は、
朝早い時間でも混雑しておりました!

新宿御苑をスタートに、その脇に整備されている遊歩道を進みます。

今回のテーマでもある古川ですが、渋谷区内の宮益橋から天現寺橋間の2.6km間を渋谷川、
港区内の天現寺橋から河口の4.4km間を古川と呼ばれています。
さらにその起源を辿れば、多摩地域を流れる玉川上水から来ていると言われています。


古川とは若干離れますがかの有名な新選組の沖田総司、逝去の地もよります。
「あの黒猫はまた来てるだろうな」という最期の言葉がありますが、その背後で黒猫を
キャラクターにした宅配便が集配作業を行うという、なかなか面白い偶然も起きました。





新宿御苑方面から南下すると、東京オリンピックに合わせて改築された国立競技場に。
その場外の脇を流れる水ですが、これも古川の流れを汲む水路だそうです。


国立競技場にて休憩を取った後は近隣の寺社を巡り、
そして最後の立ち寄り先である将棋会館にて見学を行いました!


芝の魅力発見講座は歴史が苦手な方でも、
・リフレッシュがしたい
・地元について詳しく知りたい
など、楽しく参加される方が多いです!

定期的に開催していますので、皆さまのご参加お待ちしております☆


◆開催日時:5月8日(日)午前9時30分~正午
◆開催場所:三田いきいきプラザ
◆記事作成:平出
◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com