★☆★「三田シネマ座~ウイニング・パス~」を上映しました!★☆★

皆様こんにちは!
今年も残すところ、あと半月あまりとなりました。
寒さも一段と厳しくなっている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

三田いきいきプラザでは、12月8日(金)14時~16時にて
「三田シネマ座~ウイニング・パス」を上映しました♪
こちらでは当日の様子をお伝え致します!

 

三田いきいきプラザでは、映画上映会は3回目の開催となり、
毎回多くの方にご参加いただいております!有難うございます♪

今回上映する作品は「ウイニング・パス」。
松山ケンイチのデビュー作となっております。

ここで、あらすじをご紹介致します。

高校生の健太はある晩、バイクを走らせていて交通事故を起こしてしまう。
一命はとりとめたものの、脊髄損傷のため半身不随になってしまう。
自分の置かれた状況が受け入れられず、親友や恋人も拒絶。死まで考えてしまう健太。しかし家族の愛情や友人に支えられ、やがて健太は退院し社会復帰を果たすが、そこにも問題がヤマ積みだった。そんな中、入院中に出会った男性に車椅子バスケットボールのチームに誘われる。健太は次第にその魅力に取りつかれ猛練習を始めるのだった・・・。

今回の上映会では、「ウイニング・パス」にてプロデューサーを務めた、
(有)イメージ・サテライト代表 中橋氏にお越しいただき、
制作の経緯や撮影の裏側等をお話いただきました!



中橋氏は、車いすバスケに魅了され、映画を作製したいと思われ、
車いすバスケの選手への取材を重ねされました。
制作の地を考えているころに北九州チャンピオンズカップ国際車いすバスケットボール大会が
開催されることになり、北九州が全面的にサポートしてくれることになりました。
北九州から家族が協力する物語を作って欲しいという依頼もあり、家族の温かさも感じることが出来る映画となっております。



本作は今年で制作からちょうど20年目となる節目の年で、
撮影の舞台となった北九州市では、出演された地元高校生や関係者の方達が集まり、
記念上映会を開催したそうです。
車椅子バスケの試合シーンでは、実際に活躍されている選手の皆様に協力していただき
撮影されたそうで、全力でプレーしている姿に画面に引き込まれました!



上映後、ご覧になった皆様からは、
「車いすバスケットについて、より詳しく知るきっかけとなりました!」
「困難な状況下でもあきらめないで取り組む姿に感動しました!」
「またこのような映画上映会を開催してほしいです」
といったお声を多数頂戴しております。

ご参加いただいた皆様有難うございました。
三田シネマ座は今後も開催を予定しておりますので、
乞うご期待!

三田いきいきプラザでは、その他にも魅力的な講座やイベントが目白押し!
新しい発見、趣味、そして仲間に出会えるのが三田いきいきプラザです♪
皆様のご来館、職員一同心よりお待ちしております。

◆開催日時:12月8日(金)14時~16時
◆開催場所:三田いきいきプラザ集会室C
◆記事作成:T・K/S・K
◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com