芝の語り部と歩く!「お札の肖像in港区 三田〜白金コース」を 開催いたしました!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
三田いきいきプラザでは12月2日(土)に『芝の語り部と歩く!「お札の肖像in港区 三田〜白金コース」』を開催いたしました!

当日の様子をお伝えします☆
最初に慶應義塾大学にて集合しました!
ご存じの方も多いと思いますが、慶應義塾大学の創設者は現在の一万円札の顔となっている「福沢諭吉」です。
福沢諭吉と慶應義塾大学の関わりについて語り部の方に解説していただきました。

慶應義塾大学横にある、「福沢諭吉」もよく通ったという酒屋もご紹介いただきました。

続いて現一万円の顔である「福沢諭吉」と新一万円の顔になる「渋沢栄一」が関係している、東京工業専修学校跡をご案内いただきました。

東京工業専修学校は東京工業大学の夜間学校で、後に田町駅付近に移転しました。
三田いきいきプラザと縁を感じますね。

東京製綱跡もご案内いただきました。こちらは創業者の熱意に「渋沢栄一」ら日本の近代化を牽引した実業者らが賛同し、東洋の技術を取り入れた製造会社の跡地です。


最後に北里研究所北里柴三郎記念博物館へ行き、学芸員の方に解説をしていただきました。
 

「北里柴三郎」はペスト菌の発見・破傷風菌純粋培養法の開発・血清療法の開発等で知られていますが、「医者の使命は治療以上に、病気を予防することにある」と考えており、生涯に渡って人々の衛生知識の向上に努めました。
現代につながる基礎を築いてくれたのですね。

北里は新千円札の顔になりますが、現千円札の顔である「野口英世」と子弟関係にあります。
また、北里がドイツから帰国し病院と研究所を作りたいと思いながらうまくいかずに困っていた時に助けてくれたのが現一万円の顔である「福沢諭吉」だったそうです。

最後に北里柴三郎博士と皆さんで写真を撮りました!(※写真はアップする前にモザイク掛けます)
 

記事には書ききれませんでしたが、ほかにもお札の顔をなっている人物のことを芝の語り部の方がたくさん教えてくださいました!

「芝の語り部が解説!お札の顔in港区」を開催いたします♪|三田いきいきプラザの新着情報|芝地区港区立 いきいきプラザ
(shiba-ikiiki.com)



 皆様のご参加お待ちしております♪


◆開催日時:12月2日(土) 午前9時20分~11時30分

◆開催場所:慶應義塾大学集合 北里大学北里研究所病院解散

◆記事作成:S.K

◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com