愛宕地域安全のつどいを開催いたしました。

2018年10月3日(水)、愛宕警察署主催の「愛宕地域安全のつどい」が開催されました。

まだまだ被害の多いオレオレ詐欺ですが、他にも架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺、
振り込め類似詐欺などがあり、このような詐欺をまとめて『特殊詐欺』と呼ぶそうです。
この特殊詐欺ですが年々手口が巧妙になり、港区では今年(平成30年1月〜8月)、被害認知件数2678件、
総額60億4825万円の被害が出ているとのことでした。




第1部では、現在の被害状況や被害に遭わないための取り組みなどをお話ししていただきました。
また、港区防災危機管理室防災課生活安全推進担当の方より『自動通話録音機』についてご案内がありました。
こちらは振り込め詐欺などの犯罪被害防止に効果があり、通話内容を自動で録音してくれる優れもの。
港区内の高齢者のいる世帯に無償で貸し出ししているそうなので、気になった方は港区生活安全推進担当までお問い合わせしてみてください。






第2部では被害に遭わないために詐欺の手口を知るということで、プロの劇団員による実演式防犯講和と落語でご紹介していただきました。
劇団 自然堂(ジネンドウ)
ご年配の主婦2人が特殊詐欺被害にあいそうになる内容で、犯人グループの男性2人が様々な詐欺の手口を劇中で再現していました。
臨場感あふれる内容で詐欺の巧妙な手口を知ることが、犯罪に巻き込まれないための防衛策になると実感しました。




また出前寄席OB会のお二人(立川ガジラさん、渡辺とんそくさん)による落語では、身近に潜む詐欺の手口を、軽快な語り口と落語ならではのオチで楽しくわかりやすくお話ししていただきました。




短い時間ではありましたが、自分が思っていたよりも巧妙な手口の特殊詐欺について知ることができました。
愛宕警察署の皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。





◆開催日時:平成30年10月3日(水)14:00~15:40
◆開催場所:港区立神明いきいきプラザ 6階体育館
◆記事作成:山下
◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com/