食材まるごとメンズクッキング(みなとリサイクル清掃事務所共催)を開催いたしました。

平成31年3月6日(水)みなとリサイクル清掃事務所共催で、

食材まるごとメンズクッキングを開催いたしました。



普段、何気なく捨ててしまう部分も上手に使い、

楽しく料理が出来る方法を講師から学ぶ、という内容で、

10名の男性が集まってくださいました。


本日のメニューは、

「冬野菜の麻婆丼」、「明太チーズ餅」「ふわとろ大根おろし卵スープ」

の3品を作っていただきました。



まずは講師の嶋崎先生より、本日作る3品について講義を受けます。




皆さん真剣に聞いています。


まずは「明太チーズ餅」から作っていきます。



お餅を切り、春巻きの皮を正方形に切ります。




皆さん真剣になり過ぎていたところ「男は思い切りが必要だよ!」との声が。

「細かいこと言わないから思い切りね!笑」など、

楽しく作ろう!という皆さまの気持ちが伝わってくる言葉が飛び交い、

とても和気あいあいとした雰囲気の中で調理が進みます。


お餅に明太子を乗せ、チーズをのせて春巻きの皮でくるみます。





手すきになった方は次の料理「冬野菜の麻婆丼」の野菜を刻んでいます。





皆さん、とても手際がいいです。


その横で、先ほどの「明太チーズ餅」をフライパンでこんがり焼いています。



さらに「ふわとろ大根おろし卵スープ」に取り掛かる皆さん。





 




レシピを見ながら、先生に聞きながら、みんなで相談しながら、

楽しく真剣に料理しています。




そして出来上がった本日のお品はこちら!



杏仁豆腐は、教室が始まる前に講師の方が作った特製です。


そして、完食!



「明太チーズ餅」はビールのおつまみに合いそう、

なんて声も聞こえてくるくらい、パクパク食べられます。

冷凍保存も可能とのことなので作り置きするのもいいですね。


「冬野菜の麻婆丼」は野菜たっぷり、

ひき肉たっぷりのとても贅沢な丼で、

豆板醤がピリッときいた、とても歯ごたえの良い丼です。

お味も濃すぎず薄すぎず、とてもおいしかったです。


「ふわとろ大根おろし卵スープ」はお砂糖を入れたのかな?

というくらいとても甘いお味で、皆さんからも「甘い!」と驚嘆の声が。

嶋崎先生も「これは甘い!」と、大根の甘みを十分堪能できるスープでした。

「今の時期だから甘いんですね。」と、やはり時期のものを食べるということは

とても大切なんだなと改めて実感できました。


食後に、本日の振り返りや質疑応答を行いました。






「野菜の皮は基本的にむかずに使っている。」

「大根葉は細かく刻んで油でいためてゴマを散らすんだよ。」

などなど、活発な意見が飛び交いました。


嶋崎先生からは

「片栗粉は水を入れてとかしたら、一度その水は捨てて新しい水をいれて使うとよい。」

(片栗粉に水を吸わせるために、10~15分置いた後、

水を捨てて新しい水を入れることにより、とろみをうまくつけることが出来るそうです。)

「皮や種でだしをとるととてもおいしいだしが取れます。」など、

ためになるお話もお聞きできました。






最後に料理がおいしくなるのは「愛のスパイス!」とのことで、

なごやかな雰囲気の中、メンズクッキング教室が終わりました。


本日ご参加していただいた皆さま、嶋崎先生をはじめ講師の皆さま、

みなとリサイクル清掃事務所の皆さま、今回ご協力いただきました皆さま、

本当にありがとうございました。


 



◆開催日時:平成31年3月6日(水) 10:00~13:00

◆開催場所:港区立神明いきいきプラザ 4階集会室C

◆記事作成:山下

◆URL:http://shiba-ikiiki.com