元禄創業老舗和菓子屋のよもやま話を開催いたしました。

5月29日(水)14:00~神明いきいきプラザにて、
元禄創業老舗和菓子屋のよもやま話を開催いたしました。




芝百年会シリーズも4回目となりました。

★芝百年会とは…
 港区芝地区にある創業100年を超える老舗のお店が集まって創設した老舗の会です。

今回ご登壇いただいたのは、秋色庵大坂家の18代目ご主人倉本さんです。
現在は職人からは離れられているご主人ですが、55年間職人として和菓子を作っていました。
職人だった頃は朝4時から夜10時までほとんど1日中作り続けていたそう。



材料の感じが毎日違うそうで、毎日毎日が勝負の1日なんだとか…
レシピは全て頭の中に入っており、職人たちが次の世代へ口伝えで伝えていき、
自分で何度も何度も作って研究をしていたそうです。



大坂家では年間で約108種類のお菓子を作ります。
季節感のあるものから注文があれば結構なんでも作りますよ、とご主人。
最後は大きな拍手で終了しました!



本日は秋色最中の3種をご用意していただきました。
小倉・栗・黒糖の3種類の味が楽しめる最中です。


お越しいただきました皆様、ご登壇いただいた倉本様、本日は誠にありがとうございました。


次回の芝百年会シリーズは、7月17日(水)14:00~15:30にて開催いたします。
第5回目はすき焼のお話しです★
また詳細が決まりましたら随時告知を行ってまいります。


◆開催日時:令和元年5月29日(水)14:00~15:00
◆開催場所:港区立神明いきいきプラザ 4階集会室AB
◆記事作成:高橋
◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com/