食事で骨の健康~カルシウム編~

2020/08/02

今回は、マーブルカフェから「食事で骨の健康~カルシウム編~」をテーマに



ご紹介させていただきます!




いつまでも元気に自分の足で歩くためには骨の健康も大切です。



 



まず初めに骨は何からできているのでしょうか?



答えは・・・カルシウム・コラーゲン・水分です。



 



骨に重要な栄養素の一つに「カルシウム」があります。



体内にあるカルシウムは99%が骨と歯の形成に利用され、残り1%が血液中や細胞に



存在しホルモン・筋肉・神経の働きを正常に保つといった重要な働きをしています。



カルシウムは血中に一定濃度存在し、不足すると古くなった骨を分解して補おうとします。



不足の状態が続くと骨が弱くなり、骨折や寝たきりになってしまう危険性もあります。



 



さらにカルシウムは吸収率が低い栄養素でもあります。



では、実際にどんなものを食べたら良いのでしょうか。






1日に摂ってほしいカルシウム量は65歳以上の男性が約770mgで、



女性は約650mgです。これは、だいたい牛乳3杯分に相当します。




また、カルシウムは夜に摂ると吸収率が上がり、丈夫な骨を作る事に有効です。



今回ご紹介した4つの食品群からカルシウムを摂り、食事で骨を元気にしましょう。



 



 



次回は、「食事で骨の健康~実践編~」をご紹介いたします。お楽しみに!




◆記事作成:丸島



◆ URL :http://shiba-ikiiki.com