食事で減塩高血圧予防~知識編~

2021/02/11

今回は、マーブルカフェから「食事で減塩高血圧予防~知識編~」をテーマに



ご紹介させていただきます!



 



「血圧が気になる…」「毎日血圧は測っている!」という方も多いと思います。



血圧とは血管の中を流れる血液が血管の壁を押す力の事です。



最大140mmHg/最小90mmHg以上を一般的に高血圧と言います。



食事と血圧は大きく関係しています。


では、なぜ塩分の多い食事で血圧は上がってしまうのでしょうか?




血圧が高くても自覚症状がでにくい点が高血圧の怖いところです。



血圧が高い事に気が付かず塩分の多い食事を続けると、



命に関わる病気にかかるリスクが高まってしまいます。






こちらは塩分が多い食品の例です。






 なんと…梅干し1つで2gと1日の1/3量を摂ってしまいます。



気が付かないうちに6gをオーバーしてしまいそうですね。



梅干しなどの塩分の多いものがお好きな方は少しずつ食べる量を減らしていきましょう。



よく噛むことで少量でも塩味を感じやすくなります。



また、梅干しをそのまま食べるのではなく、和え物などの



料理のアクセントに使うのもオススメです。




干物やハムなどの加工品は塩分も多くなるため、



できる限り生の魚や肉を選びましょう。



 



どの様に工夫すればおいしく減塩できるのか次回の「食事で減塩高血圧予防~実践編~」で

詳しくご紹介いたします。お楽しみに!



 



◆記事作成:丸島



◆ URL :http://shiba-ikiiki.com