「みたまつり」を開催いたしました♪ その④


皆様いかがお過ごしでしょうか。

三田いきいきプラザでは、10月15日(土)に「みたまつり」を開催いたしました!
今回はそのレポートの第3弾です♪
「五感で楽しむ秋の和ランチ」「ほのぼの作品展」「五感で楽しむ秋の健康づくり」
「五感で楽しむ秋の手作りブース(前半)」
については以下の記事をご覧ください☆


今回も
・五感で楽しむ秋の手作りブース
の様子をレポートします!

【毛糸でかぼちゃのリースづくり】
こちらのブースは当館と神明いきいきプラザ職員が担当させていただきました!
カラフルな毛糸をフォークにくるくる巻いて小さなかぼちゃを作っていきます。


始めは「こんな小さいもの作れない」「難しい」というお声も聞かれましたが、
3個目になると皆様お手の物♪


黙々と集中してたくさんのかぼちゃを作成してくださいました☆


中には3色の毛糸でかぼちゃを作ってくださった方も!


かぼちゃをもう一つ作りぶら下げてくださった方、「ヘタ」をりぼんにしてくださった方、
鍋敷きにしてくださった方…皆様のそれぞれのこだわりが見られて楽しい時間になりました♪



ぜひおうちで飾って秋を感じてください★


【フランス刺繍でブローチづくり】
こちらのブースでは、オリジナルブローチを作製しました!
講師は当館でも大人気の刺繍講座講師の岩佐先生にご協力いただきました。


 
初めて刺繍にチャレンジする方が多かったのか、
皆様最初は、
「初めてだけどこんな難しそうなもの作れるかしら?」
と心配されている様子でしたが、講師の丁寧かつ的確な
アドバイスのもとで針を着実に進めていきます。





 
そして完成した作品になります♪♪

とても可愛らしいブローチですね!
早速服に付けたり、皆様とても気に入られていたご様子♪
「初めての刺繍でしたが、とても楽しめました!」
と嬉しいお言葉をいただきました!


【臨床美術でカラフルカードづくり】 
こちらのブースでは、当館でも人気の教室「臨床美術講座」講師の松岡先生ご協力いただき、
ご自身の“直感”と“イマジネーション”に基づき、秋に因んだ作品を描いていただく
内容となっております。



最初に「臨床美術」という言葉を初めて聞く方もお多いかと思いますので、
簡単にご説明させていただきますと・・・・、
「臨床美術とは、絵やオブジェ等の作品を楽しみながら作ることにより脳を活性化させ、
介護予防や認知症予防・症状改善、ストレス緩和、子どもの感性教育などに効果が期待できる
芸術療法(アートセラピー)のひとつになります。

皆様、「秋」という季節で思い浮かべる色はなんですか?人により様々かと思います。
クレヨンで好きな色を使いながら、思い思いに幾何学模様の厚紙に色を塗っていきます♪


臨床美術にはこれが“正解”というものは存在しないので、
人により表情が違ってくるのも醍醐味の一つです♪♪


完成品がこちらになります♪♪

 同じ作品が一つとなく、それぞれ表情が違う素敵な作品が出来上がりました!
参加された皆様からは、
「はじめての体験でしたが、とても面白かったです!」「家で飾ってみようと思います」
というお声をいただきました。
当館では月に一度「臨床美術講座」を開催しておりますので、良かったらこちらも是非参加してみて下さいね。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

レポートその⑤へ続きます★


◆開催日時:10月15日(土) 10:00~15:30
◆開催場所:三田いきいきプラザ
◆記事作成:川村・菊地
◆芝地区いきいきプラザURL:http://shiba-ikiiki.com